駐日スロヴェニア共和国大使館 /領事情報 /シェンゲン・ビザ (短期滞在ビザ) /

短期滞在ビザ - シェンゲン・ビザ

短期滞在ビザ(シェンゲン・ビザ、Cタイプ)とは、外国人がビザコードに定められた条件の下、スロベニア共和国/シェンゲン圏の領域に入国し、一時的に滞在することを許可するものです。

日本国籍の方は、スロベニア入国の際に短期滞在ビザを取得する必要はありません。

フィリピン共和国の国民および日本で滞在許可を受けている特定の第三国国民は、スロベニアに入国する前に短期滞在ビザを取得することが義務付けられています。ビザの取得が義務付けられている第三国のリストはこちらです:https://ec.europa.eu/home-affairs/system/files/2020-09/visa_lists_en.pdf

フィリピン共和国の国民は、マニラのベルギー大使館で短期滞在ビザを申請することができます。ベルギーは、フィリピン共和国での短期滞在ビザ発給において、スロベニアの代理を務めています。手続きおよび決定プロセスは、すべてベルギーとその当局の責任です。これに関する情報は、次のリンクで確認できます:philippines.diplomatie.belgium.be/en/visa/visa-slovenia

短期滞在ビザは、シェンゲン協定加盟国であればどの国でも発行可能であり、個人に対して以下のことを許可します。

- 180 日間で 90 日間までのシェンゲン領域内の通過または滞在。

- シェンゲン圏内の空港の国際線乗り継ぎエリアでのトランジット。

シェンゲン圏は、国境管理のない26カ国(以下、「シェンゲン諸国」)で構成されています。これらの国は現在、以下の通りです。オーストリア、ベルギー、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデンおよびスイスです。

シェンゲン協定加盟国で発行された有効なビザをお持ちの方は、地域限定ビザを取得していない限り、他のシェンゲン協定加盟国にも入国することができます(発行されたビザが地域限定ビザかどうかはビザステッカーに記載されています。)。

ビザには、シェンゲン領域への入国できる回数(1回、2回、または複数回)が記載されています。ビザが1回の入国のみ有効な場合、例えば英国、アイルランド、クロアチア、ロシア、トルコなどに行くためにシェンゲン領域を出ると、シェンゲン領域に再入国するには新しいビザを取得する必要があるのでご注意ください。したがって、ビザ申請書には、滞在中にシェンゲン協定加盟国を何回出入りする予定であるかを明記しておくことが重要です。

ビザが複数の入国に有効な場合(マルチエントリービザ)、180日間のうち90日間までシェンゲン領域内に滞在することができます。この滞在は、希望する数だけ分割して滞在することができます。マルチエントリービザの有効期限は最長5年です。

スロベニア共和国に入国するための短期滞在ビザを取得するための申請手続きは、すべてのシェンゲン協定加盟国に適用されるシェンゲン協定規則に従います。

 

短期滞在ビザを取得するために必要な書類

短期滞在ビザを申請するには、以下の書類が必要です。フィリピン共和国の方は、必要書類について在マニラ・ベルギー大使館にお問い合わせください。

- 申込書 申請書は、申請者本人が必要事項を正しく読みやすく記入し、署名し、日付を記入する必要があります。ビザ申請書はこちらで入手できます:www.gov.si/assets/ministrstva/MZZ/Dokumenti/konzularne-zadeve/oddelek-za-vize/vloge-za-vize-januar-2020/Application-form-C-anglesko.pdf   

- パスポートの原本 パスポートの有効期限がシェンゲン領域出国予定日から3ヶ月以上残っている必要があります。また、パスポートは過去10年以内に発行されたもので、少なくとも2ページ以上の空白ページがなければなりません。

パスポートはスロベニア共和国によって認識されている必要があります(情報は海外の関連するスロベニア大使館/領事館によって確認されます)。自国への帰国を許可する以下のパスポートを提示することが義務付けられています。

- あなたが国民である国のパスポート

- 旅行書類を発行した国(例えば:無国籍者に当てはまります)のパスポート

- あなたが滞在許可証の保持者である国のパスポート

- 最近のパスポートサイズの写真 ICAOの規格に準拠したもので、背景は明るく、表情はニュートラルであることが必要です。写真のサイズは35×45mmです。写真は正面から撮影され、頭頂部から顎までの大きさが13mm以上である必要があります。平服を着用してください。ビザの発給に必要な写真は、表面が滑らかなもので、白黒でもカラーでもかまいません。また、写っている人物の表情はニュートラルで、口は閉じ、目は開いていなければなりません。

 

次のような写真は受け付けられません。

・本人の現在の容姿と著しく異なるもの

・黒や濃い色のレンズの眼鏡をかけたもの(盲人を除く)

・頭部を覆っていてはならない(宗教上または医療上の理由で頭部を覆うことが正当化される場合を除く。この場合、ヘッドカバーは顔を隠して識別できないものであってはならない。)

 

- 旅行医療保険加入証明書 短期滞在ビザ申請者は、シェンゲン協定加盟国での滞在中に、医療上の理由による本国送還、緊急医療措置、緊急入院治療、死亡に関連して発生しうる費用を明示的にカバーする旅行医療保険に加入していなければなりません。保険はシェンゲン協定加盟国全域で有効であり、滞在または乗り継ぎの全期間をカバーするものでなければなりません。最低補償額は30,000ユーロで、居住国への送還が明示的に記載されている必要があります。

- 往復航空券または旅行券、またはその他の輸送目的の証明書

- スロベニアでの宿泊を証明する書面/ホテルの予約表または旅程表

- 生計手段を証明するもの

i. 直近3ヶ月間の銀行口座の取引高明細書。

ii. 定期的な収入があることを証明するもの 例:過去3ヶ月の給与明細書(またはそれに類するもの)。

- スポンサーや滞在先を証明するものLetter of Guarantee)。保証書の書式は以下に添付しています: www.gov.si/assets/ministrstva/MZZ/Dokumenti/konzularne-zadeve/oddelek-za-vize/garantno_pismo-objava_01.pdf  

- 日本またはフィリピン共和国に合法的に居住していることを証明する書類

- 雇用を証明するもの(雇用契約書)

- スロベニアおよび他のシェンゲン協定加盟国へも渡航する場合は、現地での詳細な行動計画書

- その他、ビザCの申請理由に応じた書類

- 大使館にてご本人の生体指紋データの採取

- 大使館での予約時に領事手数料をお支払いください ビザ料金は、為替レートの変動により異なりますのでご注意ください。最新のビザ料金については、consular.tokyo@gov.si までお問い合わせください。

 

短期滞在ビザに関する詳細はこちら:

シェンゲン情報システム: ec.europa.eu/home-affairs/policies/schengen-borders-and-visa/schengen-information-system_sl

シェンゲンビザコード: eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/ALL/

欧州委員会 - シェンゲンに関するパンフレット: ec.europa.eu/home-affairs/system/files_en

欧州委員会 - ビザ情報システム: ec.europa.eu/home-affairs/policies/schengen-borders-and-visa/visa-information-system_en

スロベニア共和国内務省 - 外国人向け情報: www.gov.si/en/policies/state-and-society/immigration-to-slovenia/