駐日スロヴェニア共和国大使館 /ニュース /
06.10.2021  

初心者のためのスロヴェニア語

授業について

·       授業は英語で開講されます。

·       ネイティブ講師による授業です。

·       チューター付きの授業です。

·       スロヴェニア語の基礎を学ぶことからスタートします。

·       使用教材: 教科書とワークブック

·       授業内ではスロヴェニア語だけでなく、スロヴェニアという国やその文化についても学びます。


スロヴェニア語に、こんなことわざがあります。"Kolikor jezikov znaš, toliko veljaš."
                                                            「多くの言語を知るほど、その人の価値は高まる。」

 
学生の声

もともとバルカン半島の国々に興味があって、実際に訪れたらより好きになりました。特にスロベニアは国土は小さいですが、自然と文化、歴史が融合した美しい国で街も非常に清潔です。そんなスロベニアのことをより理解したいと思いスロベニア語を受講しようと思いました。
授業は少人数かつ英語で行われアットホームな雰囲気です。- Masayuki I.


私は南東欧地域の歴史に興味があり、この地域の言語を何か学びたいと思いスロヴェニア語の授業を取ることにしました。あと以前スロヴェニアを旅行したことがあり、その景色の美しさと人の優しさに感銘を受けたのも理由の一つです。スロヴェニア語の授業ではひたすら文法事項を練習するというよりも、会話を通して単語や文法を学べるのがいいと思います。先生はとても優しくて授業の雰囲気も良いです。スロヴェニア語を話したり聞いたりする機会が多く(というかほとんどそう)、少人数なので気後れすることもないです。先生はスロヴェニアの音楽や観光地、食べ物、伝統文化についても色々教えてくださるので、そうしたスロヴェニアの生活や文化についても知ることができて楽しいです。- Sakino F.

ヨーロッパで話されていて話者が少ない言語を新しく学びたいと考えていたところ、スロベニア語の授業が開講されていることを知り、まさにこれだと思いました。最初はただただ興味本位で授業をとっていましたが、徐々に、スロベニア語ならではの魅力や、スロベニアという国の面白さに引き込まれていきました。先生はとても優しいですし、少人数のクラスなのでいつでも質問ができます。何よりもスロベニア語をネイティブの先生から学ぶことができるほど貴重な機会はないと思うので、本当にスロベニア語の授業をおすすめします。- Yuzaburo I.

スロヴェニア語の履修を決めたきっかけは、当時「世界のことば」の中で唯一英語で開講されていたのがスロヴェニア語の授業だったからです。英語を使って別の言語を学ぶのはどんな感覚なんだろう?という好奇心から始めたスロヴェニア語学習ですが、ネイティブの先生は気さくで、楽しく授業を受けています。少人数だけあって学生と生徒の距離が近いのが特徴だと感じます。初めは英語だけだった授業がどんどんとスロヴェニア語が話される割合が高くなってきて、自分でも思っていたより早くスロヴェニア語でのコミュニケーションが取れるようになりました。そういった意味では「非常に外大らしい授業」だと感じます。そうして習得したスロヴェニア語を使って、先生が紹介してくださるゲストの方々からお話を聞くことができるのがスロヴェニア語の授業の最大の特徴です。過去には、スロヴェニア出身のアーティストや国際機関の職員の方が授業にいらっしゃいました。新型コロナウイルスの流行前には、東京・南青山にあるスロヴェニア大使館のパーティーに招待され、在日大使の方とお話をする機会もありました。多くの外大生が将来「グローババルに活躍したい」と感じると思いますが、それを最も身近に感じられたのもスロヴェニア語の授業内外を通じた活動のおかげでした。Taisei M.