駐日スロヴェニア共和国大使館 /ニュース /
19.12.2021  

入国ルールの変更

2021年12月19日付で、日本当局はオミクロン株の変種が蔓延していることから、入国時に特に注意する国にスロベニアを追加しました。

スロベニアからの渡航者は、追加ルールに従うことが義務付けられます。

1. 日本当局が指定する施設で3日間の隔離に入ること(入国日は検疫日としてカウントされません)。

2. 入国後3日目に COVID-19 検査を受ける(入国日は隔離日にカウントされない)。検査結果が陰性の場合、残りの14日間の隔離期間は自宅住所で実施することができます。

在留外国人を除くすべての外国人は、現在も日本への入国が禁止されています。日本当局から新たにビザが発給されることはありません。